MENU

頭皮に負担をかけない白髪染めのペース

白髪染めをするなら継続して行っていくことが基本となります。今回は白髪染めのペースについてお話します。

 

継続が大切

白髪染めを怠るとすぐに白髪が目立ってきて、逆に老けた印象になります。そのため継続していくことがとても大切です。とはいうものの、あまり頻繁にやりすぎると頭皮や髪に負担をかけてしまいます。そのため、頭皮や髪に負担をかけないペースで継続していくことが大切です。

 

白髪染めのやりすぎが良くない理由

白髪染めのやりすぎは髪や頭皮に負担をかけます。白髪染めには、通常のヘアカラーとは違う白髪染め専用の成分が含まれているからです。脱色タイプの白髪染めの場合、髪のキューティクルを開いて染色成分を髪の内部に入れていきます。一度開いてしまったキューティクルはなかなかもとに戻らずダメージを受けた状態になります。頭皮にも刺激の強い成分なので、頭皮もダメージを受け影響を受けます。白髪染めでダメージを受けた頭皮は、乾燥で抜け毛が増えたり、フケや痒みが出ることもあります。このようにせっかくきれいな白髪染めができても頭皮や髪に悪い影響が出ては台無しです。そこで頭皮や髪に負担のない頻度で行うことが大切なのです。

 

頭皮に負担のない頻度

頭皮に負担をかけない白髪染めの頻度は、2ヶ月に1回程度が理想的といわれています。もし髪が伸びてきて白髪が気になっても1ヶ月以内に行うと髪や頭皮にダメージを与えてしましますので、最低1ヶ月間は次の白髪染めを控えましょう。特に自宅で白髪染めを行う場合、白髪染めの量をたくさん使いすぎてしまい、頭皮や髪を痛めるリスクが多いので注意が必要です。うまくのばせずに頭皮や髪の一部にクリームが付いてしまいムラになることもあります。しかし繰り返して行うのは頭皮や髪を痛める原因となりますので、失敗しても1ヶ月は期間を開けて行いましょう。

 

白髪染め後のヘアケアも大切

そして白髪染め後は色もちや発色を保つために白髪染めやカラーリング専用のトリートメントを行いましょう。白髪染めでダメージを受けた髪のキューティクルを補修することができます。トリートメントには保湿効果もあるので、頭皮を乾燥から守り頭皮トラブルも防ぐことができます。最近では、より頻繁に行いたい人のためにトリートメントタイプの白髪染めもあります。通常の白髪染めより頻繁に行いたい方はそちらがおすすめです。